[3:物理演算] cocos2d-iPhoneとSpriteBuilderでゲームを1週間で作ろう

今回は物理演算を実装します。

cocos2d v3では物理演算がデフォルトで入るようになりました。さらに、SpriteBuilderを使うと、ワンクリックで物理演算を導入できるようになります。これは本当にすごい。

前回まで

  1. ソフトをインストール。背景画像を設置
  2. 主人公をつくる

 

画面全体にCCPhysicsNodeを配置する

まずは画面全体に物理演算ノードを設置します。

MainSceneを開き左カラムの立方体のタブを開きます。

そこからPhysicsNodeという項目を画面下の「CCNode」の上にドラッグアンドドロップします。

CCPhysicsNode SpriteBuilder

続いて、画面全体をカバーするようサイズを変更します。

幅と高さを100%に変更します。

SpriteBuilder

地面に物理演算を導入する

地面のスプライトを選択し、右カラムの物理演算のタブ(四角が跳ねてるアイコン)を選択します。

ここで「Enable physics」を選択することで、対象ノードが物理演算可能となります。

また、ラジオボタンはStaticを選択します。

SpriteBuilder

続いて、groundをCCPhysicsNodeの子ノードにします。

groundをCCPhysicsNodeの上にドラッグアンドドロップすることで、子ノードにすることができます。

SpriteNode

SpriteNode

最後に、CCPhysicsNodeの表示順を変更します。
(すでにCCPhysicsNodeが最下部にある場合は変更する必要はないです。)

SpriteBuilder

主人公を設置する

ついに前回作った主人公を設置します。

Hero.ccbをMainSceneの画面上にドラッグ&ドロップします。
(ドラッグアンドドロップの前に、Hero.ccbを保存しておきましょう。)

SpriteBuilder

つぎに、追加した主人公のノードをCCPhysicsNodeの子ノードにします。

SpriteBuilder

続いて、対象物の物理演算にチェックを入れます。
地面とは異なり、Dynamicで良いです。

SpriteBuilder

最後に茂みを設置しましょう。
まずドラッグアンドドロップをして。

SpriteBuilder

続いて、位置を修正します。(左下、160,106)

さらに、表示順を変更します。
CCPhysicsNodeの上になるように。

SpriteBuilder

それではビルドしてみましょう!
左上のPublishボタンを押します。

SpriteBuilder Publish

SpriteBuilder publish

保存が済んでない場合は上記の表示が出てくるので、Save Allを押します。

今度はXcodeからビルドしてみましょう。
SpriteBuilderのプロジェクトが入っているフォルダを開き、プロジェクトファイルを開きます。

Xcode Project SpriteBuilder

ビルドします。

Xcode

シュミレーターではこんなかんじで表示されるはず。

Flappy Fly

というわけで今回はここまで!

次回

[4:動かす] cocos2d-iPhoneとSpriteBuilderでゲームを1週間で作ろうす

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です